PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フランス旅行Vol.8☆夜のシャンゼリゼからエッフェル塔へ♪

フランス旅行を振り返りながらのぼちぼちUPです♡
長めになりますがお付き合いいただけると嬉しいです(*^_^*)


観光初日、朝から蚤の市へ行ってから
すったもんだでベルサイユ宮殿に移動
午後からはベルサイユ宮殿観光(前編後編)をして
夕方にパリ市内に戻り凱旋門にのぼったところからのおハナシです☆


昼間の凱旋門にのぼった後、一旦降りて
夜のエッフェル塔を見に行って
もう一度戻ってくる、という段取りだったのですが

あまりにもハードな凱旋門の階段に
私が再度のぼる自信がなく・・・

ちょっと時間をロスしてしまいますが
暗くなるまで凱旋門の上で待つことにしました。


屋上から1階おりると
こんな空間が広がっています。



 DSC01685.jpg



お土産売り場には・・・



 DSC01681.jpg



もちろん
エッフェル!



 DSC01682.jpg



エッフェル!!



 DSC01683.jpg



エッフェルー!!!



 DSC01684.jpg



ひとまわりしてエッフェル小物をあれこれ見たあとは
ベンチに座って休憩がてら暗くなるのを待ちます。

旦那サマはうとうと寝ちゃってましたが
私はぼんやりとオレンジ色にひかる天井を
眺めていました。


天井近くにある窓から見える空が
かなり暗くなってきたので

もう一度屋上に上がってみました☆


おおぉーーーーーーっ!!!



 DSC01687.jpg



暗闇にまっすぐのびるシャンゼリゼ通り♪

めーーーっちゃキレイーーー(≧▽≦)!!!


写真ではね、こんな感じなのですが
実際はもっと明るく輝いていて
本当に素晴らしいんです☆

そしてもちろん!
エッフェル塔も見えますよー♪



 DSC01698.jpg



エッフェルビーームッ!!



 DSC01693.jpg



個人的には・・・
ビームいらないです

だってね、
地球を侵略しに来た宇宙人に見えちゃうんだもの(笑)



凱旋門の上からの夜景をたっぷり楽しんで
あのぐるぐる階段を下りてきました。


ライトアップされた凱旋門も素敵です♪



 DSC01702.jpg



さぁ、ここからは又メトロに乗って
エッフェル塔に向かいます♪

もう何駅で乗って
何駅でおりたのか

まったく記憶に残っていませんが


エッフェル塔の最寄駅に着いて
皆さんが歩いて行かれる方向についていくと
見えてきますよ~~チラチラとエッフェルが♪

やっと
あこがれの
エッフェル塔に会えるのかと思うと
もうドキドキ・・・!


そして・・・・

そして・・・


キターーーーーーーッ(≧▽≦)



 DSC01704.jpg



ドーーーーン!!

至近距離での生エッフェルですーー!
はっ、はっ、はじめましてっ!!


ずーっと上を見上げながら少しずつ近づいていきます。


お、おっきい・・・!



 DSC01705.jpg



ライトアップされたエッフェル塔の
なんと美しいこと・・・!

もうね、私の口は開きっぱなし。
感動しすぎて口がとじられません(笑)


真下にやってきましたよ♪



 DSC01706.jpg



ほぇ~~~~・・・

あの
テレビやネットで何度も何度も見たエッフェル塔の
お腹を見上げているのかと思うと

もう~~~言葉がありません!

口を開けたまま上を向いて
何分立ち止まっていたでしょう!!


それにしても・・・



 DSC01707.jpg



このオレンジに照らされた鉄骨・・・



 DSC01708.jpg



う、美しい・・・



 DSC01709.jpg



鉄を美しいと感じたのは初めてです。

こんなに大きいのに
とても繊細に見えて

その美しさにとにかく見とれてしまって・・・


ちょうど塔のふもと?にあるベンチが開いたので
そこに座って二人して上を見上げ
ずーーーっと光り輝くエッフェル塔を眺めていました。


すると突然!
エッフェルがピカピカしだしましたよっ??



 DSC01711.jpg



この、白く光っているのがチカチカ点滅して
ものすごいことにー(≧▽≦)
しかも結構な速さのチカチカっぷり!

シャンパンフラッシュというんだそうです。
一時間に一回、このチカチカが見られるんだとか☆


i Phoneにはね、動画も残っているのですが
どうやってblogに貼りつけたらいいのかわからなくて・・・
写真でゴメンナサイ!

ご興味のある方は、YouTubeで
エッフェル塔 シャンパンフラッシュ と検索してください☆
高速点滅の動画をぜひ!←他人様のチカラを借りるという


この大きさで点滅されたらそりゃもう大変!
よくわからないけどテンションあがっちゃう☆

ヒューーーーーッ(≧▽≦)♪♪



ひとときのピカピカエッフェルを楽しみましたが
その後はまた静かにそびえるエッフェル塔を眺めます。

私はやっぱり・・・普通のライトアップのほうが好きかな♪



 DSC01710.jpg



一晩中眺めていたい気分でしたが
真冬のパリ、ずっとベンチに座っているのも
結構な寒さだったので

名残惜しいですがホテルへ戻ることに・・・


ここにはね、
また昼間にも来る予定だしね、


「また来るよ~~」

と言って、エッフェル塔を後にしました。


観光初日の予定だった
・蚤の市散策
・ベルサイユ宮殿観光
・シャンゼリゼ通りを歩く
・凱旋門(昼&夜)
・エッフェル塔(夜)

なんとかクリアできましたっ!

いや~~
今改めて考えたら
すごいスケジュール(笑)

もちろんホテルに戻ってシャワーを浴びたら
あとは撃沈のふたりでした☆




   *** ブログランキングに参加しています
      よろしければ下のランキングボタンをぽちっと押していただけると
      とても嬉しいです    blog更新のはげみになります
      今日も読んでくださってありがとうございました



       にほんブログ村          



         Ones-place-banner.jpg     One's place instagram
   
          フェイクグリーン&雑貨の
         ネットショップを始めました





| 旅行 | 18:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フランス旅行Vol.7☆シャンゼリゼ通りから凱旋門へ♪

フランス旅行を振り返りながらのぼちぼちUPです♡
長めになりますがお付き合いいただけると嬉しいです(*^_^*)


観光初日、朝から蚤の市へ行ってから
すったもんだでベルサイユ宮殿に移動
午後からはベルサイユ宮殿観光(前編後編)をして
夕方にパリ市内に戻ってきたところからのおハナシです☆


昼間の凱旋門→夜のエッフェル塔→夜の凱旋門

という強硬プランです(笑)



凱旋門のすぐ近くの駅までメトロで行けるのですが
ちょっと手前でおりてシャンゼリゼ通りを歩くことに♡

そう・・・・この景色!



 DSC01616.jpg



テレビで何度も見たことがありますよー☆
あの憧れのシャンゼリゼ通りを
私は今歩いているのね・・・!


何か売ってるよ~?
ちょっとお腹すいてきちゃったよね・・・



 DSC01618.jpg



この歩道の広いこと!
歩いてる人はみーんなかっこよく見えちゃいます☆



 DSC01619.jpg



あ~~
明るいうちに戻ってこれてヨカッタ♡



 DSC01621.jpg



素敵すぎる建物
見渡す限り外車ばかり ←アタリマエ



 DSC01622.jpg



朝ごはんのあとは
日本から持ち込んだおにぎりと、ちょっとしたお菓子
しかもずっと歩きっぱなしでいい加減お腹もペコペコ

ちょっ、何か食べよ

最初にワゴンで何か売っていたのを見たので
もっと色々そういうお店が出てるのかと思ったら
そうでもなく・・・

パリに着いて初めての外食は・・・



 DSC01638.jpg



安定のマクドナルド(笑)

「日本と同じや~~ん」
というツッコミが聞こえてきそうですが??

いえいえ!
違いますからっ!


だって、ほら・・・


凱旋門を見ながらのマクドですから♡



 DSC01636.jpg



オープンテラスのね、いい場所が偶然空いてね☆
2人して凱旋門の方に向いて食べました~

あぁ・・・なんてオシャレな味♡ ←それはたぶん日本とおんなじ


マクドと凱旋門のコラボを堪能したあとは
目的地の凱旋門へ向かって歩きます♪


凱旋門の下に行くには
少し手前にある地下通路への入口階段を下りていきます。

反対側の道にも同じようにあるみたいで
地下でちょうど真ん中あたりに??
上にあがる階段があるので、
そこから地上にでることができます☆



 DSC01639.jpg



上がってきました~♡



 DSC01641.jpg



なんかカッコイ~~♪
何が書いてあるのかさっぱりわかんないけど(笑)



 DSC01643.jpg



ふたりしてひとしきり上を見上げた後は
いよいよ凱旋門の中に入ります♪



 DSC01645.jpg



こちらももちろん
ミュージアムパスを見せて問題なく入場♡

ここから上まで行くには
300段近い螺旋階段をのぼらなくちゃいけません。

うわぁ~~~スゴイ~~

と言って写真を撮ることができたのは
入ってすぐのこのタイミングだけ。



 DSC01648.jpg



なんだかよくわかんないんですけど
私たちの前の人たちの
上るスピードの速いこと、速いコト!

そして後ろにぴったりくっついてくる
後続の人たち!

え?え?
ウソでしょ??

と思いながら
旦那サマに手をひっぱってもらって
必死に上りますが
とてもついていけるスピードじゃなくて

「ど、どこか、ないの??」

後ろから来る人たちに追い越してもらいたいのですが
なんせこの狭さ!

人ひとりが通れる程度のせまーい幅なので
やっぱりそのまま進むしかないんです~~!

朝からずっと歩きっぱなしで
体力も足のチカラもなくなってきているタイミングで
普段から運動をしていないヘナチョコな私には
命からがら逃げている、といっても過言ではない状況

なかば旦那サマに引きずられるくらいの勢いで
必死で上り続けて、あともう少し、というところで
ようやく避難できそうな空間を発見!

倒れこむようにその場所に入りこむと
後ろからの人たちはあっという間に追い越して
上にのぼっていきました。


ま、ま、まじかーっ


息も切れ切れで、持っていたお茶を飲み
通り過ぎていくひとたちをしばらく見送りました。


人が途切れたタイミングでもう一度パチリ☆



 DSC01649.jpg



ほらね、速いスピードでのぼってるのがわかるでしょ?
なんでそんなに急ぐかな


それにしても・・・・・・倒れてんの私だけ?

私よりもご年配の方たちが
なんだかんだ言いながらのぼっていくんですよ。

あまりの体力のなさにちょっとヘコみましたよ~
これじゃぁいかん・・・


とりあえず上までのぼろう、と再び頑張って
のぼり切った場所のベンチでもう一度休憩(なんてヘチョイ)



 DSC01652.jpg



凱旋門にはお年を召した方や身体の不自由な方のために
エレベーターもあるんだとか。

でも一般的には皆、このドエライ階段を上るようです。

これから凱旋門にのぼる予定の方は
覚悟して行ってくださいね(≧▽≦)



さぁ、いよいよ屋上です♪


おぉ~~~シャンゼリゼ通りです♡



 DSC01653.jpg



あ、あれはモンマルトルの丘??



 DSC01655.jpg



そしてそして、
エッフェル塔です~~~( *´艸`)



 DSC01657.jpg



え~~と、パリに到着して
初めての「生エッフェル」ですーー☆

う~~ん、素敵ですっ!


各方向を順番に見て回り・・・



 DSC01660.jpg



記念撮影用にちょっと高くなっている場所があって
皆さん並んで撮影待ちをしてらしたので
私たちも並びました♡


私たちの前に二人組のオシャレな女性がいたので
順番こでお互いを撮りましょう、ともちかけて
(もちろんジェスチャーONLYです:笑)

撮ってもらいました~♪



 DSC01666.jpg



エッフェル塔との3SHOT♪



 DSC01672.jpg



さて、予定ではこの後
エッフェル塔に向かって夜のエッフェルを見て
もう一度凱旋門に戻ってきて屋上からの夜景を見よう

ということにしていたのですが・・・

ということは又あの階段を・・・?



 DSC01678.jpg



いやいやいやいや・・・・
ちょっと待って、もう一度ですか?
私、又あの螺旋階段をのぼれるかどうか
自信ナイ~~~


でも空はまだ明るいし

・・・・・どうする?



   *** ブログランキングに参加しています
      よろしければ下のランキングボタンをぽちっと押していただけると
      とても嬉しいです    blog更新のはげみになります
      今日も読んでくださってありがとうございました



       にほんブログ村          



         Ones-place-banner.jpg     One's place instagram
   
          フェイクグリーン&雑貨の
         ネットショップを始めました



| 旅行 | 18:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フランス旅行Vol.6☆ベルサイユ宮殿・後編

またまた期間があいてしまいましたが( *´艸`)

フランス旅行を振り返りながらのぼちぼちUPです♡
長めになりますがお付き合いいただけると嬉しいです(*^_^*)


観光初日、朝から蚤の市へ行ってから
ベルサイユ宮殿に移動する際に
予定していた電車が止まっていて
大変な思いで到着~~からの、ベルサイユ後編です♪

鏡の回廊を抜けまして・・・



 DSC01546.jpg



こちらがアントワネットの寝室です♡



 DSC01551.jpg



素敵ですね~♪
ここでアントワネットは毎朝目覚めていたんですね♡


そしてここで毎日食事を・・・ ←また始まりましたよ~



 DSC01552.jpg



こちらは有名な絵ですね~
皆さんもご覧になったことがあるのではないでしょうか♪



 DSC01554.jpg



テレビで何度も見たこの絵を
実際に見ることができるなんて・・・
ほんとに感動です♡



 DSC01557.jpg



宮殿は年月を経て増築されており
ルイ14世の時代からアントワネットの時代、ナポレオンからフィリップと
順路に沿ってその時代も進んでいくような感じになっています。


ここはなんだか美術館みたいですね☆



 DSC01559.jpg



少し薄暗いこの階段も・・・



 DSC01563.jpg



長い歴史の中、いろんな人物が歩いていたかと思うと
静かな感動がおしよせてきます。



 DSC01560.jpg



宮殿見学順路の最後は
お土産物のコーナーになっていました♡



 DSC01564.jpg



やはり
麗しのアントワネットと
雄々しいナポレオンの
二大勢力ですね☆



 DSC01565.jpg



宮殿の外に出ると
何やら地面を接写している男性が・・・

え~ナニナニ?

私もしゃがみこんで見てみると
これはどうやら木を輪切りにした?タイルのようです☆

ふふふ・・・めずらしい~
私も撮っておこう♪



 DSC01566.jpg



裏側に出ると庭園がひろがります♡



 DSC01579.jpg



あ~~よく見るこの風景♪
いったいどこまで続いてるの??と
気が遠くなるような広さです。


一応ココでも記念撮影♡
(ダウンがもこもこでどうしても腕が広がる・・・)



 DSC01587.jpg



何が書かれているのかさっぱりわかりませんが・・・
看板とかね、つい撮っちゃいます♪



 DSC01593.jpg



この頃になってようやく青空が見え始めました☆


庭園側から振り返って見る
ベルサイユ宮殿・・・



 DSC01602.jpg



ベルサイユは宮殿の順路見学とは別に
専用の車に乗って庭園を見学するコースがあります。

広大な敷地の庭園やアントワネットのお気に入りだった
プチトリアノン宮などを見学したい場合には
庭園見学ができるのですが

専用の車に乗るための行列ができていて
かなり待ち時間がいりそう・・・

自転車でもまわれる、と事前情報を入手していましたが
その自転車らしきものはどこにも見当たらず・・・



 DSC01605.jpg



「庭園めぐりもしたかったら並ぶ?」
と、旦那サマは聞いてくれましたが

予定的には
夕方早めにベルサイユを出てパリ中心部まで戻り
夜の凱旋門とエッフェル塔を見に行こう、ということにしており

ここで庭園めぐりに並んでいたら
どう考えてもその予定に間に合わないし

だいたいあんなに迷ってたどり着いたベルサイユ、
すんなり帰れる保証もありません。


本当はプチトリアノン宮も見てみたかったのですが
今回はあきらめることにしたのでした。



 DSC01606.jpg



ブロ友さんが
「その時に観光できなかった場所があるのは
 もう一度ここにおいで、という意味だよ」

というふうにおっしゃっていたので・・・
私もそう思うことにしよう☆



 DSC01609.jpg



とっても
とっても
名残惜しかったけど・・・

またきっと来るね



 DSC01610.jpg



門を出て
通りに出るまでも

何度も何度も振り返って
その偉大な宮殿に別れを告げました。



 DSC01612.jpg



さて、ここからパリ市内へ戻るのですが
来るときに散々迷ったのでどう帰ったらいいのか??
(そろそろ記事が終わりそうな雰囲気ですがもう少し続きますよ~)


とりあえず近くにいた韓国人の大学生4人組の後を
さりげなくついて行こう!というコバンザメ作戦に←ちょっと違う?

しかし残念ながらその4人組はあっさりタクシーに乗って
行ってしまいました。

ありゃりゃ・・・作戦失敗


とりあえず一番近くのバス停に行ってみました。

なんとなく行きにのったトラムの駅の名前らしきものが
停留所一覧の看板に書かれていたので
たぶんこれで・・・大丈夫なんじゃない??

正直、午前中の蚤の市で歩き回り
ベルサイユに来る道中で迷ったためにかなり歩いて
ベルサイユ見学もずっと歩いていたので
とにかく座りたい・・・

ここで座ってバスを待って
バスが来たら座ってトラムの駅に連れてってもらおう
うん、もうそうしよう!

と、旦那サマとほぼ意見が合ったところで
そのバス停でバスを待っているらしい年配男性と目が合いました。

とっても親しげに「どこに行きたいの?」的なことを
聞いてくれるその男性。

私たちは持っていたガイドブックの地図を見せて指さしながら
「エッフェル塔」←日本語で
と答えました。

するとその男性は立ちあがって停留所一覧のところまで歩き
「これに乗ったらホラ、ここに着くから、そこからこの電車に乗って・・・」というような説明を、ガイドブックの地図を指さしながら教えてくれます。

うんうん、やっぱりこれで大丈夫なんだね?
ありがとう、安心してバスを待つことができます♪

少し距離をとってバスを待っていると
その男性はまた何か色々話しかけてきます。

明らかにフランス語がわからない日本人二人組に
なぜかフランス語のまま延々と話しかけてくる男性・・・

そしてどうやら
「もうひとつ方法があるよ、連れていってあげよう」
というようなことを言っているようです。

いやいやいや、もうこれで結構ですから

それでもその男性は立ちあがって
「遠慮せずについておいで!カモン!」 ←たぶん

え~~・・・
もうここでバスを待っていたいんですけど・・・

でも親切に教えてくれて、
さらに私たちの為に歩きだしている男性を
放っておくこともできず

とりあえずふたりで後をついていくことにしました。
(もうフラフラです・・・)

その男性は少し足が悪いようでした。
歩きにくいのにわざわざ案内するために、と思うと
とっても申し訳なく・・・

どこに連れていかれるのかもわからず
結構な距離を歩き、やっと到着したのは・・・

な、な、な、なんと
行きに「止まっていて利用できなかったRER」の駅ー!

どうやらその男性はその日RERが運行していないことを
知らなかったようで、駅にいた職員と話しをして

「どうやら今日は電車が動いていないようだね」

        ・・・おじさん、知ってるよ



 DSC01614.jpg



「やっぱりあのバスに乗るしかないね」 ←たぶん
と言って、先ほどのバス停の方へ引き返す男性。

疲れていたのと
早くパリ市内に戻りたいと思っていたのに
不要な時間をとられてしまったことに
たぶんちょっぴりイラっとしているであろう旦那サマ

ま、ま、でもね、
100%親切心からの行動だしね?


なんとなく気まずい空気が漂う中
戻ったバス停でしばしバスを待つ3人・・・

それでもそう長く待たずにバスが来てくれたし
乗ってみたら3人ともちゃんと座れたし
ともかく一安心。

結構な時間、バスに乗っていましたが
窓から見える景色はおだやかな街並みで
うとうとしつつぼんやり眺めていました。

バスはどうやら目的の停留所に到着したようで
ここで降りるよ、と先ほどの男性が目で合図をくれました。

寝ていた旦那サマを起こしてバスを降り
とっても親切にしてくださった男性に
「サンキュー、メルシー、ありがとう」
と(三か国語で)お礼を言って別れました。

そこからはたぶん
メトロの駅に降りて、途中で一回乗り換えて・・・
(もう記憶があまり残っていません)
暗くなる前になんとか凱旋門近くの駅まで戻ることができました。


このフランス旅行の中で
このベルサイユ宮殿の「往復」が
いっちばん難関でしたー!

よく無事にたどり着いて
よく無事にパリ市内までおおまか予定時刻に
戻ってくることができたよね、と
(RERがちゃんと動いてたらこんなことにはならなかったのにね)


次回からはこんなにハラハラドキドキのエピソードは
ありません(笑)

ただただ素敵な?観光レポートになると思いますので
どうぞご安心くださいね(≧▽≦)




   *** ブログランキングに参加しています
      よろしければ下のランキングボタンをぽちっと押していただけると
      とても嬉しいです    blog更新のはげみになります
      今日も読んでくださってありがとうございました



       にほんブログ村          



         Ones-place-banner.jpg     One's place instagram
   
          フェイクグリーン&雑貨の
         ネットショップを始めました

| 旅行 | 18:36 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フランス旅行Vol.5☆ベルサイユ宮殿・前編

フランス旅行を振り返りながらのぼちぼちUPです♡
長めになりますがお付き合いいただけると嬉しいです(*^_^*)


RERが止まっていたために
かなり苦労してようやくたどり着いたベルサイユ宮殿☆

宮殿に入るための大行列ができています!



DSC01444.jpg


でも・・・
私たちは事前に「ミュージアム・パス」を購入していたので
行列はスルーして入口付近の警備員さんに
ミュージアムパスポートを見せました。

ところがその警備員さんは
「列に並べ」と言うんです!

「あら~この最強パスを持っているのよ?」
とばかりに再度提示しますが取り合ってくれません。


えーっ、何のためのパスなの??

この行列を回避するために用意していったのに
冗談じゃない!

でも少し離れた場所の別の警備員さんに見せたところ
「どうぞ、どうぞ」とすんなり中に入れてくれました。

・・・いったいどういう事?
こんなもの、警備員さんの基本情報として全員がわかってる
はずじゃないの??


ま、入れてもらえたからいいけどね・・・
(一度断られても別の人に聞いてみなくちゃいけないのね)



さぁ~~
いよいよやってきました、ベルサイユ!

小学生のころから
もう何十回も(もっと?)読んだ「ベルサイユのばら」

あの舞台として何度も登場してきた「この場所」に

私っ
立っているのねっ・・・!!



 DSC01453.jpg



感動でね
震えました。

自分の中で
何十年も
憧れていた場所に
自分が立っているということが

この場所を
マリーアントワネットが歩いていたのかと思うと
オスカルが歩いていたのかと思うと ←それは実在しないってば

湧き上がる感動で
ちょっとくらくらしちゃうくらい

この場所にいる
この瞬間を

じっくりかみしめて
満喫している私に


「何してんの?はよいくで?」


あ、はいはい、
すいません、モタモタしまして


今でも「ベルばら」のマンガだけは大事に持っている
私の中のベルサイユ宮殿と
旦那サマの「一観光スポット」のベルサイユ宮殿では
そりゃ~違いますからね(笑)


ではでは
ここからはダーーーーッといきますよ~~☆


入ってすぐのこの場所は
まず最初の撮影スポット♪



 DSC01457.jpg



素晴らしい天井画です♡



 DSC01459.jpg



ここはロープが張ってあって入れないようになっているので
長く続くキレイな通路が見通せます。



 DSC01460.jpg



宮殿の模型が置いてあります♪



 DSC01468.jpg



どの部屋にも大きな絵が飾られています。



 DSC01473.jpg



窓から見える庭園。

あぁ~
この景色をアントワネットは毎日見ていたのね・・・



 DSC01474.jpg



この素敵なソファに
きれいなドレスを着たアントワネットが
毎日座っていたのね・・・



 DSC01476.jpg



この素晴らしいチェストの引出しを
アントワネットは毎日・・・ ←もういいよ



 DSC01477.jpg



どの部屋も
素晴らしい天井画か



 DSC01489.jpg



素晴らしい彫刻が施されています。



 DSC01491.jpg



一室一室にこれだけの手間をかけて



 DSC01494.jpg



いったいどれほどの時間と費用がかかったのか・・・



 DSC01496.jpg



さぁ~
そしてベルサイユ宮殿の見どころである
「鏡の回廊」にやってきましたよ~~



 DSC01515.jpg



じゃーーーーんっ♡



 DSC01519.jpg



素敵ーーーーっ☆

皆さん、立ち止まって撮影してらっしゃいます♪



 DSC01534.jpg



テレビとか雑誌とかで見た
このとってもきらびやかな「鏡の回廊」に
私、来てるのねっ・・・!


ここで・・・
盛大な舞踏会が行われていたんですよねぇ

すごい世界です・・・!



 DSC01536.jpg



せっかくなので・・・

人がすいたタイミングをねらって
記念撮影を♡



 DSC01538.jpg



モコモコです(笑)

観光最終日に行くモンサンミッシェルが
かなり寒いと聞いていたため
その日に照準をあててコートをチョイスしたので( *´艸`)

スリが多いといわれるパリですからね
鍵付きのナナメがけBAGで防犯もバッチリです☆



DSC01543.jpg



本当に素晴らしい回廊でした。

ここでも「ドレスを着た貴婦人たちが踊っていた」なんて
想像したらふーーーっと気が遠くなるような
そんな感覚さえありましたよ♡


とっても素敵なベルサイユ宮殿、
まだまだ続きますが、今日はこのへんで・・・(*^_^*)



   *** ブログランキングに参加しています
      よろしければ下のランキングボタンをぽちっと押していただけると
      とても嬉しいです    blog更新のはげみになります
      今日も読んでくださってありがとうございました



       にほんブログ村          



         Ones-place-banner.jpg     One's place instagram
   
          フェイクグリーン&雑貨の
         ネットショップを始めました

| 旅行 | 18:51 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フランス旅行Vol.4☆ベルサイユまでの道

前回のフランス記事から早くも1ヶ月半・・・
予想通り??相当長いスパンでの報告になりそうですぅ(^_^;)

では☆
旦那サマとのお別れ遠足「フランス旅行」の
続きを久しぶりにUPさせていただきまーす♡


え~と、ざっとあらすじを申しますと

パリへ到着した翌日、観光初日☆
午前中に蚤の市へ行って、午後からベルサイユ宮殿へ
行く予定でしたが、「RERが運行していない」という事実発覚!

RERという鉄道を使っての行き方を調べてきていたので
急きょホテルの方に別の行き方を尋ねるも
日本語ONLYの私たちとフランス語+ちょぴっと英語のホテルの方では、意思の疎通にも限界が

ともかく代替えのバスが出ているらしい、ということが
わかったので、なんとかなるだろう!と、とりあえず出発。

まずは蚤の市を堪能し、いざ、ベルサイユへ・・・!

**************************************

ま、もうかなりの時間が過ぎているのでね、、、
記憶もずいぶん曖昧になってきているので
そのあたりご承知いただきお読みくださいね~(^_^;)


ヴァンヴの蚤の市からベルサイユに向かうために
まずはトラムという路面電車に乗ります☆

お~~
来ましたよ~~♪

レールの脇がずっと芝生になっていて
見た目もすごくオシャレです☆



 DSC01421.jpg



それがまためっちゃ混んでて!
通勤列車並みの混雑っぷりで
こんなの「いつ」「どこで」「どうやって」お金を払うのー??
(改札とかは無かったです、バス停みたいな感じでした)

他の人をとりあえず観察しよう!と
ギューギュー詰めのトラムの中でまわりをチェック・・・
でも、あれれ?
誰も何もせずに下りてくよー?

実は到着日、なぜかはわかりませんが
シャトルバスも地下鉄も無料だったんですよね~
どうやらこの日も・・・?

よくわかんないけど、人波に押しだされるように
何も払わず目的の駅で下車。

お~~♡
セーヌ川です(≧▽≦)



 DSC01427.jpg


当然ですが
「ラ・セーヌは今日も流~れる~
 花~売り~娘は知ってるぅ~♪」
と歌いながら歩きましたよ( *´艸`)

そうそう、ここに船を停めて住んでる人たちが
いるんですよね~♡



 DSC01428.jpg



・・・と。
お気楽観光気分でいられたのはここまで。

ホテルの人が言っていた「代替えのバス」が
どこから出てるのかがさっぱりわからない

日本人の感覚なら
トラムを降りたところに
「RERが止まってるから代替えのバスがここから出てるよ」
的な地図があってもよさそうなのですが

そんなもの、ナイナイ。

とりあえず次に来たトラムの運転士さんのところに行って
地図のベルサイユ宮殿を指さしニッコリ♡

するとどうやら「あっちに行くといいよ」的なことを
教えてくれるので、指をさしてくれた方へ・・・

うん、たぶんRERの駅なんだろうけど・・・閉まっています。

で、貼り紙がね、してあるんですけどね
文字のみ

おいおいおい・・・
簡単な地図くらい載せないかー??

現在地がココ(赤)で、代替えバス乗り場はココ、みたいなさ・・・


もう一度さっきの場所に戻ってみました。
今度は何かの建物の玄関にいる警備員さんのところに行って
地図のベルサイユ宮殿を指さしニッコリ♡

するとまた同じ方向を指さして
「あっちに行ったらいいよ」的なことを教えてくれるので・・・

再度行ってみるも・・・結果は同じです。

しかも意外と人通りは少なく
参考になりそうな人(ベルサイユに行きそうな人)なんて
誰もいなくて

どんどん不安になってくる私と旦那サマ・・・

もう少し先の方へ歩いていってあちこち見回していると
向こうの方から曲がってきたバスのフロントガラスに
・・・あれはもしや「RER」のマーク??

旦那サマに「アレじゃない??」と慌てて伝えると
バスに向かってダッシュする旦那サマ!
後から必死に追いかける私!

いや~~たどり着きましたー!
「RER」のマークを付けたバス、まさに
運行停止中の「RER」の代替えバスです♡

よかったよ~~
よかったよ~~

ふたりしてホッ・・・

バスの窓から見える素敵な景色を眺めながら
ゆらゆらバスにゆられて

これでベルサイユ宮殿に連れてってもらえるね~~♡



 DSC01429.jpg



・・・と思うでしょ?

ところがバスが止まって降ろされたところは・・・
ど、どこっ??

なんか普通の街の中みたいなところでおろされちゃって
え?え?ベルサイユまで連れてってくんないのー??


さっきまでの安心感は吹っ飛んで
いきなり崖っぷちに立たされた私たち。

ボー然としている間に
一緒にバスに乗っていた人たちが
どっちに行ったのかもわからず

ど、ど、ど、どうしよう・・・


よくわからない小さな駅らしき場所の前だったので
ひとまずそこの駅員さんっぽい女性に
地図のベルサイユを指さしてみたのですが

困った顔をして何か言うんです。
身振り手振りから予想すると「今日電車は止まってる」
じゃないかと思われ・・・

で、わからない、と伝えると
どんどん他の人を呼んでくれるのだけど
皆フランス語ですからね、誰が説明してくれても
私たちにはわからない

お互い一方通行の会話?をしばらく続けたあと・・・
「じゃ~(駅に)入ってもいいよ」みたいな感じで
特別に通してくれそうな雰囲気に。

え?
待って、電車が止まってるのよね?

いや、この駅が何の電車の駅なのかもわからないんだけど
最初は駅には入れないっぽい感じだったよね?

電車が走ってないのに駅に入れてもらうってことは
線路を歩いて行けってことなの??

も~何が何だかさっぱりわからず
軽くパニック状態に


でも他に方法がなさそうだし
よく見てたらぱらぱらと他の人も
「特別に」?通してもらって入っていってるので

よし!
とりあえず入ってみよう!


不安いっぱいで駅におりてみると・・・
広いホームに・・・3人くらい?
人がいました。

どうやら電車は動いている様子。


そこに居たご婦人に又ベルサイユの地図を見せてみると
一旦「これに乗ってココで降りるといいわよ」みたいに
教えてくれたのですが

また戻ってきて
「やっぱりこっちの駅で降りた方がいいわ」と。
「その方が絶対に早いから」と。

ほ、ほんとに?

駅名を見ると、最初の説明のほうが
合ってるような気がするのですが

どうしてもそっちで降りなさい、と何度もおっしゃられて・・・


もうあれもこれもがよくわからない状態で
とにかく来た電車に乗り込み
景色を楽しむ余裕もないまま
言葉少なに座る私と旦那サマ・・・


そしてさっきのご婦人が教えてくださった
「ベルサイユに近い(らしい)駅」でおりることに。

さすがに最寄り駅におりたんだから
「ベルサイユ宮殿はあちら⇒」的な看板が
あるよね・・・?

という淡い期待は軽く裏切られ
おりた人たちも皆てんでバラバラの方向へ歩いていくので
人の波に乗ってみよう、という作戦もとれず・・・

途方にくれながらとりあえず歩き出したのですが
とてもたどり着ける雰囲気ではなく


このままじゃ~ラチがあかない!

そこで少し先の方を歩いていた大学生くらいのグループに
訪ねてみることにしました。

お決まりの
「地図のベルサイユを指さしてニッコリ」

ところがところが
かわいい女の子たち、「え~それ、どこかしら??」
くらいの雰囲気

離れて歩いていた同グループの男の子たちにも
聞いてくれたのですが、誰一人「ベルサイユ宮殿の場所」を
知らない様子で

「僕たちじゃ~わからないよ」
的なリアクション。

・・・ま、知らないものは仕方がない。

「たぶんあっちの方向じゃないかな」
的なことだけを教えてもらい

「OK、サンキュー」
と言って、旦那サマのところへ戻り事情を報告。

半ば絶望的な心境で
そのグループから少し離れつつ
(何かのときには又聞けるように??)
なんとなく後をついていく形で歩きました。

いや~
結構歩きましたよ。

途中何かの目印(看板とか)を見つけることもなく
遠くにベルサイユ宮殿のてっぺんあたりが
垣間見えるというわけでもなく

ただただ、普通の道を延々と。


でも、さきほどのグループの子たちが
時々チラチラとこちらを見てくれるんですね。

ということは、何かわかったら教えてもらえるかも・・・?


若干山手の道をずっと歩いていたのですが
少し下って大き目の通りが見えてきました。

すると、前を歩いていたグループの子だちが
皆で指をさして「こっちに曲がれ」と言ってる様子。

ん?なに??
そこを曲がるの??

あわてて小走りでそのグループに追いつくと、どうやら
「自分たちはこっちに行くけどあっちに行けばベルサイユ」
と言っているようで

ふたりして
「サンキュー!メルシー!ありがとう!」
とお礼を言いまくって「あっち」に行こうとすると

ひとりの男の子が走ってバスを追いかけながら
「これに乗るんだよ!」的なことを言ってくれてる(気がする)んです!

ま、まじで?
そうなの??

ここは「走り担当」の旦那サマが先頭をきってバスを追いかけ
なんとかそのバスに乗り込みまして
外の大学生グループの子たちに手を振りました。


そこからまっすぐの通り突き当りに
ベルサイユ宮殿が小さく見えてきました。

あぁ・・・・
どうやらたどり着けることが確定したようです!

あのかわいい女の子たちとさわやかな男の子たちに
本当に感謝です!

ふたりでは、あの「ベルサイユ近い(らしい)駅」から
とてもこの場所までおりてくることはできませんでした。
(本当に結構な距離をあるきました)

正直、涙が出そうでしたよ


向こうの方に見えるベルサイユ宮殿が
だんだんと大きくなってきます。

人の流れについて
どうやらひとつ手前の停留所で降りてしまった私たちは
ベルサイユ宮殿を眺めながらゆっくり近づいていきます。



 DSC01435.jpg



この道の突き当りが
あの「ベルサイユ宮殿」♡

ドキドキしてきちゃいます( *´艸`)


あぁ~~
全貌が見えてきましたよ~~☆



 DSC01437.jpg



ルイ14世、はじめまして♡



 DSC01441.jpg



ポカーンと口をあけてルイ14世を見上げる私を
「さ、行くよ」と手を引く旦那サマ。


ついに!
ついに!

やって来ました!


あの
「ベルサイユ宮殿」にっ!!



 DSC01442.jpg



このまま一気に宮殿の中までいきたいところですが
あまりにも長くなりすぎたので

素晴らしいベルサイユ宮殿の様子はまた明日♡




   *** ブログランキングに参加しています
      よろしければ下のランキングボタンをぽちっと押していただけると
      とても嬉しいです    blog更新のはげみになります
      今日も読んでくださってありがとうございました



       にほんブログ村          



         Ones-place-banner.jpg     One's place instagram
   
          フェイクグリーン&雑貨の
         ネットショップを始めました

| 旅行 | 18:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。