FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

最高の報告

ロハスフェスタの報告です☆

・・・といいたいところですが、今日はちょっと違う報告です。



1週間前の10月1日。
企業間の取り決めで、正式内定を出しても良いとされる日、10月1日。

我が家にも来たんです。
内定通知が・・・!



仕事中に鳴った私の携帯。
あれは長男からの着信音。
時間は15時半・・・ちょうど6時間目が終わった頃。

どきどきしながら出た携帯の向こうからはうれしそうな長男の
「俺、受かった・・・!」



    DSC00179.jpg



           ***ちょっと長くなります***



現在高3の府外で寮生活をしている長男。

実は9月の後半に、地元・大阪での就職面接&試験のために
こちらへ戻ってきていました。

木曜に試験、月曜に面接という日程で、
週末に遠征が入っていた長男は一旦戻ってまたこちらに出てくるという
ハードスケジュールでの初面接でした。


ほとんどの高校生が大学へ進学する中、就職を選んだ長男。
でも、実際のところは当初考えていたものとは少し違っていました。

1年のときから「就職で」と言っていた長男ですが
「どうして進学しないのか」と先生からは疑問の声が。

サッカー部の監督は
「大阪の大学に推薦してやるから進学を考えたらどうだ、もう少しサッカーしたいだろう」と
いくつか大学を紹介してくださっていました。


本人の希望であるにも関わらずなかなか就職という方向で進めてくれない先生・・・
7月に初めての三者面談に行き、そこで「やっぱり就職で進む」ということを
私たち(保護者)を含めて先生の前で改めて決定、ようやくそこから動き出したのですが・・・

高校生の求人というのはハローワークから学校を通して、という形でしかできず
しかもほとんどが地元の高校に指定枠で求人をかけるので、府外の高校から
大阪府の高校求人を探すということがとても難しい、ということがわかったのは
夏休みに入る直前でした。

9月早々には応募開始、半ばからは面接が始まるという段取りの中、
夏休み直前に「探せない」と言われても??

ダメもとで大阪の企業にかたっぱしから電話をかけ
「高校生の求人をしていないか?府外の高校から応募できないか?」
と聞いてまわりましたが、どこの企業もそんなややこしい電話にはまともに
取り合ってくれず「まず学校を通してください」

大阪で育った息子が地元に帰って就職したいと思っているのに
どうしてそれができないような状態なの??
と、進路を断たれたような気持ちでどうしていいかわからない私たち。

先生からは県内(下宿先)のたくさんの企業情報(これはハローワークから地元求人でもらえるので)と、WEBで全国求人をかけている少量の近畿圏企業情報が送られてきましたが
これまたなかなか良いところがなく・・・


友達が皆大学へ進学してあと数年サッカーを続ける中
自分だけその楽しい大学生活を選択せずにあえて就職を選んだ長男なのに
こんな厳しい条件のところからしか選べないのかと思うとかわいそうになってきて・・・

お盆休みに帰省した際に、もう一度最初から考え直してみましたが
進学するにはもう夏休み早々から大学へ練習参加に行って推薦枠をとりつけていかなければならない状況なので、いまからスポーツ推薦での進学に切り替えるには少々時期が遅く・・・
正直このまま進むしかないという状態。

もし、高校生の府外からの就職が難しいと早くからわかっていたら・・・
違った選択をしていたかもしれないのに・・・



それでもなんとか4社ほど自分の条件に合うところを選び出し
お盆休み明けの8月末に担任の先生と一緒に履歴書を書き、面接の練習をし・・・

9月早々にいざ、企業へ応募!
「4社のうち、どれかひとつくらい受かればいいなぁ!」

ところが・・・
「1社ずつしか応募できませんよ」と進路指導の先生。

えぇぇぇぇぇーーーーーーーーーっ??聞いてないよーーー!!

なんと、一定期間は重複応募ができない取り決めになっていたのでした。
それ、今のタイミングでですか・・・

直前もいいとこです。
もうね、笑うしかありませんでした。

だって、1社受けてダメだったら、次はもういいところの求人なんて残ってないですもんね。


長男も
旦那サマも

「ほぼ1発勝負、これがダメならもう後がない」という状況を
考えれば考えるほど目の前が真っ暗になってきて


もうね、これじゃいけない、とにかく落ち込んでたらイケるものもイケなくなっちゃう!

「先のことは今は考えない!とにかく目の前のことだけを考えて集中しよう!
  3年間向こうで頑張ってきたんだから自信もって面接受けよう!
  大丈夫、ここで受かれば問題ないんだから!ここに受かって大阪に戻ってくるんだよ!」

と明るく何度も言い聞かせてアファメーション! (←できてたの??)



そして・・・
その一発勝負で・・・

みごと長男はキメてくれたのでした・・・!


10人が受けて1人だけの採用でした。
なかなかの大手企業、最初からこの企業だけは
「大学進学をフッてでも価値のある就職先、ここで働きたい」
と言っていたところでした。
まさかそんなところに合格するなんて??



夜帰宅した旦那サマ、もちろん夕方に長男から電話連絡を受けていました。

「・・・よかった!!」

そう言って、ふたりで何度も握手をしました。


もちろん。
長男本人が頑張った結果です。
よくやったね、と頭をナデナデしてホメてあげたいです。


でも・・・
「私たちも子育て一生懸命頑張ったね!」


そりゃぁね、まだまだこれから先も
一人前のオトナになるまで教えていかなきゃいけないことはたくさんありますが

抱えていた大きな大きなものがひとつ
この手から離れた気がした日でした。



もっと晴れ晴れとした気分になるのかと思いきや
かるーく放心状態?
自分じゃないのに達成感?
オリンピック選手が「しばらくはゆっくり休みたいです」みたいな? ←大げさ
数日、妙なテンションが続いた私と旦那サマでしたよ(笑)

そのままblogに書いてしまったらとんでもない内容になりそうだったので??
自分の中が落ち着いてくるまで待ってからのUPにしました。



これからは働きながらサッカーを続けられるように
どこかの社会人クラブチームを探すようです。
こまごまと決めなくちゃいけないこともアレコレあるのでしょう。



でも、とにかく・・・
本当におめでとう!


彼の将来に幸多きことを心から願います。





         とても長くなってしまいました。
         最後まで読んでいただいてありがとうございました。
関連記事

| 日記 | 22:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT