PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フランス旅行Vol.4☆ベルサイユまでの道

前回のフランス記事から早くも1ヶ月半・・・
予想通り??相当長いスパンでの報告になりそうですぅ(^_^;)

では☆
旦那サマとのお別れ遠足「フランス旅行」の
続きを久しぶりにUPさせていただきまーす♡


え~と、ざっとあらすじを申しますと

パリへ到着した翌日、観光初日☆
午前中に蚤の市へ行って、午後からベルサイユ宮殿へ
行く予定でしたが、「RERが運行していない」という事実発覚!

RERという鉄道を使っての行き方を調べてきていたので
急きょホテルの方に別の行き方を尋ねるも
日本語ONLYの私たちとフランス語+ちょぴっと英語のホテルの方では、意思の疎通にも限界が

ともかく代替えのバスが出ているらしい、ということが
わかったので、なんとかなるだろう!と、とりあえず出発。

まずは蚤の市を堪能し、いざ、ベルサイユへ・・・!

**************************************

ま、もうかなりの時間が過ぎているのでね、、、
記憶もずいぶん曖昧になってきているので
そのあたりご承知いただきお読みくださいね~(^_^;)


ヴァンヴの蚤の市からベルサイユに向かうために
まずはトラムという路面電車に乗ります☆

お~~
来ましたよ~~♪

レールの脇がずっと芝生になっていて
見た目もすごくオシャレです☆



 DSC01421.jpg



それがまためっちゃ混んでて!
通勤列車並みの混雑っぷりで
こんなの「いつ」「どこで」「どうやって」お金を払うのー??
(改札とかは無かったです、バス停みたいな感じでした)

他の人をとりあえず観察しよう!と
ギューギュー詰めのトラムの中でまわりをチェック・・・
でも、あれれ?
誰も何もせずに下りてくよー?

実は到着日、なぜかはわかりませんが
シャトルバスも地下鉄も無料だったんですよね~
どうやらこの日も・・・?

よくわかんないけど、人波に押しだされるように
何も払わず目的の駅で下車。

お~~♡
セーヌ川です(≧▽≦)



 DSC01427.jpg


当然ですが
「ラ・セーヌは今日も流~れる~
 花~売り~娘は知ってるぅ~♪」
と歌いながら歩きましたよ( *´艸`)

そうそう、ここに船を停めて住んでる人たちが
いるんですよね~♡



 DSC01428.jpg



・・・と。
お気楽観光気分でいられたのはここまで。

ホテルの人が言っていた「代替えのバス」が
どこから出てるのかがさっぱりわからない

日本人の感覚なら
トラムを降りたところに
「RERが止まってるから代替えのバスがここから出てるよ」
的な地図があってもよさそうなのですが

そんなもの、ナイナイ。

とりあえず次に来たトラムの運転士さんのところに行って
地図のベルサイユ宮殿を指さしニッコリ♡

するとどうやら「あっちに行くといいよ」的なことを
教えてくれるので、指をさしてくれた方へ・・・

うん、たぶんRERの駅なんだろうけど・・・閉まっています。

で、貼り紙がね、してあるんですけどね
文字のみ

おいおいおい・・・
簡単な地図くらい載せないかー??

現在地がココ(赤)で、代替えバス乗り場はココ、みたいなさ・・・


もう一度さっきの場所に戻ってみました。
今度は何かの建物の玄関にいる警備員さんのところに行って
地図のベルサイユ宮殿を指さしニッコリ♡

するとまた同じ方向を指さして
「あっちに行ったらいいよ」的なことを教えてくれるので・・・

再度行ってみるも・・・結果は同じです。

しかも意外と人通りは少なく
参考になりそうな人(ベルサイユに行きそうな人)なんて
誰もいなくて

どんどん不安になってくる私と旦那サマ・・・

もう少し先の方へ歩いていってあちこち見回していると
向こうの方から曲がってきたバスのフロントガラスに
・・・あれはもしや「RER」のマーク??

旦那サマに「アレじゃない??」と慌てて伝えると
バスに向かってダッシュする旦那サマ!
後から必死に追いかける私!

いや~~たどり着きましたー!
「RER」のマークを付けたバス、まさに
運行停止中の「RER」の代替えバスです♡

よかったよ~~
よかったよ~~

ふたりしてホッ・・・

バスの窓から見える素敵な景色を眺めながら
ゆらゆらバスにゆられて

これでベルサイユ宮殿に連れてってもらえるね~~♡



 DSC01429.jpg



・・・と思うでしょ?

ところがバスが止まって降ろされたところは・・・
ど、どこっ??

なんか普通の街の中みたいなところでおろされちゃって
え?え?ベルサイユまで連れてってくんないのー??


さっきまでの安心感は吹っ飛んで
いきなり崖っぷちに立たされた私たち。

ボー然としている間に
一緒にバスに乗っていた人たちが
どっちに行ったのかもわからず

ど、ど、ど、どうしよう・・・


よくわからない小さな駅らしき場所の前だったので
ひとまずそこの駅員さんっぽい女性に
地図のベルサイユを指さしてみたのですが

困った顔をして何か言うんです。
身振り手振りから予想すると「今日電車は止まってる」
じゃないかと思われ・・・

で、わからない、と伝えると
どんどん他の人を呼んでくれるのだけど
皆フランス語ですからね、誰が説明してくれても
私たちにはわからない

お互い一方通行の会話?をしばらく続けたあと・・・
「じゃ~(駅に)入ってもいいよ」みたいな感じで
特別に通してくれそうな雰囲気に。

え?
待って、電車が止まってるのよね?

いや、この駅が何の電車の駅なのかもわからないんだけど
最初は駅には入れないっぽい感じだったよね?

電車が走ってないのに駅に入れてもらうってことは
線路を歩いて行けってことなの??

も~何が何だかさっぱりわからず
軽くパニック状態に


でも他に方法がなさそうだし
よく見てたらぱらぱらと他の人も
「特別に」?通してもらって入っていってるので

よし!
とりあえず入ってみよう!


不安いっぱいで駅におりてみると・・・
広いホームに・・・3人くらい?
人がいました。

どうやら電車は動いている様子。


そこに居たご婦人に又ベルサイユの地図を見せてみると
一旦「これに乗ってココで降りるといいわよ」みたいに
教えてくれたのですが

また戻ってきて
「やっぱりこっちの駅で降りた方がいいわ」と。
「その方が絶対に早いから」と。

ほ、ほんとに?

駅名を見ると、最初の説明のほうが
合ってるような気がするのですが

どうしてもそっちで降りなさい、と何度もおっしゃられて・・・


もうあれもこれもがよくわからない状態で
とにかく来た電車に乗り込み
景色を楽しむ余裕もないまま
言葉少なに座る私と旦那サマ・・・


そしてさっきのご婦人が教えてくださった
「ベルサイユに近い(らしい)駅」でおりることに。

さすがに最寄り駅におりたんだから
「ベルサイユ宮殿はあちら⇒」的な看板が
あるよね・・・?

という淡い期待は軽く裏切られ
おりた人たちも皆てんでバラバラの方向へ歩いていくので
人の波に乗ってみよう、という作戦もとれず・・・

途方にくれながらとりあえず歩き出したのですが
とてもたどり着ける雰囲気ではなく


このままじゃ~ラチがあかない!

そこで少し先の方を歩いていた大学生くらいのグループに
訪ねてみることにしました。

お決まりの
「地図のベルサイユを指さしてニッコリ」

ところがところが
かわいい女の子たち、「え~それ、どこかしら??」
くらいの雰囲気

離れて歩いていた同グループの男の子たちにも
聞いてくれたのですが、誰一人「ベルサイユ宮殿の場所」を
知らない様子で

「僕たちじゃ~わからないよ」
的なリアクション。

・・・ま、知らないものは仕方がない。

「たぶんあっちの方向じゃないかな」
的なことだけを教えてもらい

「OK、サンキュー」
と言って、旦那サマのところへ戻り事情を報告。

半ば絶望的な心境で
そのグループから少し離れつつ
(何かのときには又聞けるように??)
なんとなく後をついていく形で歩きました。

いや~
結構歩きましたよ。

途中何かの目印(看板とか)を見つけることもなく
遠くにベルサイユ宮殿のてっぺんあたりが
垣間見えるというわけでもなく

ただただ、普通の道を延々と。


でも、さきほどのグループの子たちが
時々チラチラとこちらを見てくれるんですね。

ということは、何かわかったら教えてもらえるかも・・・?


若干山手の道をずっと歩いていたのですが
少し下って大き目の通りが見えてきました。

すると、前を歩いていたグループの子だちが
皆で指をさして「こっちに曲がれ」と言ってる様子。

ん?なに??
そこを曲がるの??

あわてて小走りでそのグループに追いつくと、どうやら
「自分たちはこっちに行くけどあっちに行けばベルサイユ」
と言っているようで

ふたりして
「サンキュー!メルシー!ありがとう!」
とお礼を言いまくって「あっち」に行こうとすると

ひとりの男の子が走ってバスを追いかけながら
「これに乗るんだよ!」的なことを言ってくれてる(気がする)んです!

ま、まじで?
そうなの??

ここは「走り担当」の旦那サマが先頭をきってバスを追いかけ
なんとかそのバスに乗り込みまして
外の大学生グループの子たちに手を振りました。


そこからまっすぐの通り突き当りに
ベルサイユ宮殿が小さく見えてきました。

あぁ・・・・
どうやらたどり着けることが確定したようです!

あのかわいい女の子たちとさわやかな男の子たちに
本当に感謝です!

ふたりでは、あの「ベルサイユ近い(らしい)駅」から
とてもこの場所までおりてくることはできませんでした。
(本当に結構な距離をあるきました)

正直、涙が出そうでしたよ


向こうの方に見えるベルサイユ宮殿が
だんだんと大きくなってきます。

人の流れについて
どうやらひとつ手前の停留所で降りてしまった私たちは
ベルサイユ宮殿を眺めながらゆっくり近づいていきます。



 DSC01435.jpg



この道の突き当りが
あの「ベルサイユ宮殿」♡

ドキドキしてきちゃいます( *´艸`)


あぁ~~
全貌が見えてきましたよ~~☆



 DSC01437.jpg



ルイ14世、はじめまして♡



 DSC01441.jpg



ポカーンと口をあけてルイ14世を見上げる私を
「さ、行くよ」と手を引く旦那サマ。


ついに!
ついに!

やって来ました!


あの
「ベルサイユ宮殿」にっ!!



 DSC01442.jpg



このまま一気に宮殿の中までいきたいところですが
あまりにも長くなりすぎたので

素晴らしいベルサイユ宮殿の様子はまた明日♡




   *** ブログランキングに参加しています
      よろしければ下のランキングボタンをぽちっと押していただけると
      とても嬉しいです    blog更新のはげみになります
      今日も読んでくださってありがとうございました



       にほんブログ村          



         Ones-place-banner.jpg     One's place instagram
   
          フェイクグリーン&雑貨の
         ネットショップを始めました

関連記事

| 旅行 | 18:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。

もう、読んでいるだけでどきどきしちゃいます(>_<)
場所が分からないのに言葉が通じないって
どうしたらいいかわからない~。
ゆうひさんが聞きに行かれたんですか?
聞かないことにはどうにもならないとは言え
その行動力に脱帽です(*^_^*)
着いてよかったぁ。。。

| @うさこ | 2015/06/11 20:36 | URL |

ゆうひちゃん(笑)
もう、本当に本当に
エッセイ集でも読んでいる勢いで
くすくす笑いが止まらずに読んだよ~(*´艸`)

なんでゆうひちゃんが書くと
こんなにも面白いんだろう(笑)

線路歩いたらマジで爆笑するけどね(笑)

涙ちょちょちょ切れそうなのも
よく分かる!!!

お疲れさまだったね!

でも無事辿りついて本当によかった♥

これはこれで
とってもとっても貴重で素敵な想ひ出だね♥

| CoCo | 2015/06/11 20:49 | URL |

@うさこ sama

私も思い出しながら書いていたら
あの時の緊張感がよみがえってきてドキドキしてました(笑)
パリ中心部の情報は色々調べられるのですけど
ちょっと離れると極端に情報が少なくてi-201
(もちろんあるはずですが私の理解できるレベルのものが、ね)

はい!私が聞きにいきましたよー!
旦那サマは結構人見知りなので( *´艸`)
うじうじ時間だけがたってしまってはもったいないですからね?
でも英語すらわからないのにフランス人にたずねるなんて
今考えたら無謀です(^_^;)

ほんと、到着できてよかったです~~(≧▽≦)

| ゆうひ | 2015/06/12 09:42 | URL |

CoCo sama

やだ~~ほんと?面白かった?
 ↑オモシロイと言われると喜ぶ関西人(笑)

いやいやいや、でもほんとに!
ここが一番の山場だったよ(≧▽≦)
残りの2日はわからないなりにそれなりに?
観光を楽しめたけど、このベルサイユ宮殿まで行くのが
「このまま夜になっちゃうんじゃないだろうか??」
って、超不安だったーi-201

でもね、ベルサイユ宮殿なんて、
世界的に有名な観光スポットなのに
こんなにも苦労しなくちゃ行けないなんて
ちょっとオドロキでした!

あ、もちろんツアーに申し込めば観光バスで
連れてってくれるんだけどね(^_^;)

| ゆうひ | 2015/06/12 09:48 | URL |

初めまして!rayと申します^^

読んでいてとっても面白くて、思わずコメントさせていただきました!!
思い出に残る旅行になりましたね~。
私もフランスに本当に行きたいです。
死ぬ前に一度、連れて行っておくれ、旦那様(笑)

写真も素敵で、また楽しませてください!
行ったつもりで、妄想します ( ̄m ̄*)


| ray | 2015/06/14 16:34 | URL |

ray sama

ご訪問&コメントいただきありがとうございます(*^_^*)

楽しんでいただけてうれしいです~♡
でもこれは盛っているわけでもなく??
本当にこのまんまの珍道中だったんです(笑)
今から思えば楽しい思いでですが、その時は泣きそうになってました( *´艸`)

ほんとにどこを見回しても素敵な街でした!
ぜひぜひご主人さまにお願いして・・・行ってきてください♡
あ、それと・・・大きなお世話ですが、ベルサイユ観光バスツアーが安心でいいかも?(笑)
またどうぞ遊びにいらしてくださいね(#^.^#)

| ゆうひ | 2015/06/15 11:16 | URL |

おおっ、久しぶりのフランス記事ね♪
楽しみにしてたよ~(^O^)/

ベルサイユにつくのが本当に大変だったのね(^^)
でも、その時は不安な気持ちになったと思うけど
そういうトラブルの方が却っていい思い出になったりしてね♪
フランスの人達ってすごく親切なのね~
私も外国の人に尋ねられたら親切にしようと思ったよ。

ところでさ…
ラ・セーヌといえば、「星」でしょっ!
「飛べ~飛べ~ 流れ星~」でしょ!
下手くそな日本語で歌ってたけど、あれフランス人が歌ってたのかな?
…どうでもいいね。

| shoko | 2015/06/17 15:04 | URL |

SHOKO sama

ごめ~~ん、間空きすぎて(笑)

そうなのよ~本当に泣きそうだった(T_T)
別にツアー代をケチったわけじゃいんだけど
午前に蚤の市を入れちゃったもんだから
また中心部まで戻ると時間ムダだしな~とか?
時間の調整しにくいよね~とか?
こっちのほうがよっぽどあれこれムダになっちゃったよ(笑)
(時間も体力も)

え、ごめん、その歌全く出てこないわ(≧▽≦)

| ゆうひ | 2015/06/18 13:43 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sunnyplace12.blog57.fc2.com/tb.php/1580-c39adde0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。