FC2ブログ

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

超頑丈な?ワイヤーカゴ

子供たちが自分でご飯を食べられるようになったら必ずいるのが
「お口&お手拭き」のタオルですよね。


まずは手づかみでどんどん食べる離乳食卒業直後のおチビちゃん
このころはバスタオルがいるんじゃないか??と思うくらいですが・・・


スプーンやおはしが使えるようになってくる園児さん時代
まだ上手に使えなくてもちろんポロポロ・・・最後は手で拾ってパクッ??


小学生にもなるともう大人と同じくらいに上手にお箸が使えるようになってこぼすことも少なくなりますが
食べ終わったらお口のまわりはやっぱりまだまだ・・・



そんなこんなで・・・
毎食必ず出していたお口&お手拭きタオル。

いつやめていいかわからず、実はいまだに毎回タオルをしぼって出してますx
あらら・・・変ですよね、やっぱり!


でも、パンのときや、骨のあるお魚のとき、豪快に口へ入れるカレーライスなど!
ちょっとあると便利なんですよね~
息子だけでなく、私もちょこっと手を拭いたりするのに結構使ってます。


でも、このタオル、使ってそこらへんにパッと置くと、
「あ~~~」
ランチマットがびっちょりx


置いておく入れ物がいるよね~~~
ということで、数年前に作ったワイヤーカゴ。




      kago1-2.jpg




ワイヤーカゴって、アルミワイヤーを使うと曲げたりするのが簡単なので作りやすいのですが、
イコール、型崩れもしやすいんですよね・・・


飾っておく分にはいいのですが、実用的な用途の場合はちょっと工夫しないといけません。


手拭きタオルをこどもが(男の子が!)出したり入れたり・・・
どう考えてもすぐにぐにゃぐにゃになりそうですよね。
これはちょっと頑丈なのがほしいところ。


このカゴは、枠になる部分には太めのワイヤーを使って、細いワイヤーでくるくるまきつけていきました。
これが思っていたよりスゴイ!

ちょっとゆがんできたかな?と、途中で修正しようかと思ったら、もうビクともしない!
巻きつけたワイヤーはとっても細くてやわらかいものなのに、こまかくびっしり巻きつけたら
ほどかない限りまったく動きません。



おかげで、枠にしていた太いワイヤーの位置が少しづつずれてしまいましたが・・・


もうダレが使っても
落としても
放り投げても(←こらこらっ

まったく型崩れしない「超頑丈な」ワイヤーカゴになりましたよ♪



      kago2-1.jpg



いまだにメニューによっては??大活躍の
「お口&手拭きタオル」の指定席です









    onegai1.gif


          にほんブログ村 雑貨ブログ ナチュラル雑貨へ
                      nihon blog-mura






スポンサーサイト



| 手作り | 18:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |